赤いスイッチ

  • 超短編 1,224文字
  • 三題噺
  • 2018年09月02日 00時台

  • 著者: 3: 茶屋
  •  気がついたらこの部屋にいた。

     多分夢だろう。就寝した記憶もしっかりとある。

     目の前にはたくさんのモニターとスイッチ、随分とSFチックな夢だじゃないか。

     モニターには部活の先輩が僕を、叱っているところが映っている。

     これは一昨日のことだな。理不尽な内容だったのが思い出される。

     そのモニターの下に赤いスイッチと緑のスイッチがある。

     これを押すとどうなるのか? まぁ夢なのでとくにどうということはないだろう。

     ということで緑のスイッチを押した。だって、赤いスイッチって自爆ボタンみたいじゃない?

     モニターにモザイクが現れ、すぐに鮮明になる。モニターに映る先輩は先ほどまでとはうって変わり僕を褒めていた。

     こりゃいい、本当にこうだったらよかったのに。

     ……目が覚める。

     学校へ行き、部活へ行くと先輩が一昨日のことを言った。怒られるかと思ったが褒められていた。

     どうやら過去が改ざんされているらしい。なんて便利なことだ。

     これは神様がくれた、奇跡なのだろう。楽することに罪悪感はあるが、これはきっと特別に許されたことなのだ。

     そんなことを思いながら眠るとまたあの部屋にいた。

     モニターと赤と緑のスイッチが部屋にずらりと並んでいる。

     もし辛い過去を変えることができるのならば、こんなに良いことはない、モニターを吟味する。

     親に怒られたこと、物を無くしたこと、好きな娘に振られたこと、モニターに映る辛い過去を視たくないために、かたっぱしから緑のボタンを押して回った。

     朝起きた。爽快な目覚めだ、今の僕は辛いことを何一つ経験していない、世界一幸せな僕なのだ。

     朝食を前に、コーヒーを入れるのを失敗した。

     登校中に道を間違えて迷った。

     犬にかまれた。

     友達に知らん顔をされた。

     教科書の内容がわからなかった。

     部活で一番下手くそになっていた。

     混乱して、学校を飛びだし薬局で睡眠薬を買って、制服のままベッドに横になった。

     モニターとスイッチの部屋に出る。

     モニターに映る僕は上手くやっていた。

     コーヒーをいれている僕が映るモニターの下の赤いボタンを押す。

     モザイク後にモニターの映像が変わる。僕はドリップを失敗した。機械のボタンを間違えたからだ。

     次のモニターを見ると僕は登校している。赤いボタンを押す。

     僕は道に迷い、走りまわってなんとか学校へ登校していた。これで道を覚えたんだっけ。

     次のモニターを見る。僕は犬に噛まれていた。そうだ、だからあの道は通らないように……。

     僕は全部のモニターの赤いスイッチを押した。

     目が覚める。普通に登校し、そして部活へ行くと、先輩に怒られたことをしないように気を付けて部活動に励み。

     犬に噛まれないように土手を通って帰り、ご飯を食べて、宿題をして、お風呂へ入り、ベッドにはいる。

     モニターの前に立って、今日起きた嫌なことがモニターに映る。緑のボタンに指を置くがすぐに離す。

     すると、まるで泡沫がはじけるようにモニターは全てプツンと消えた。

     その日以来、モニターとスイッチの部屋の夢をみることはなくなった。
     

    【投稿者: 3: 茶屋】

    あとがき

    お題「罪悪感」「泡沫」

    Tweet・・・ツイッターに「読みました。」をする。

    コメント一覧 

    1. 1.

      3: 茶屋

      即興ものです。日常を流したくなかったのでけにおさんと話し合って、ここに投稿しました。


    2. 2.

      1: 2: ヒヒヒ

      茶屋さんこんばんは。読み終わってから「全ての過去が必要だった」と言う言葉が浮かびました。
      消し去りたい過去が寄り集まって、今の自分があるんですね。

      ……モニターの中に「モニターの下のボタンを映す僕」が映ったら
      その時に赤いボタンを押したら、どうなるんだろう(無限連鎖)


    3. 3.

      3: 茶屋

      >ヒヒヒさん
      こんばんわ、かんそうありがとうございます。消しさりたい経験って本当にたくさんあって、思い出すたびに悶える今日この頃ですが、必要なことだと思いたいものです。

      無限連鎖に入ったら、いつかその虚しさに気付けますよ、人間はそうありたいもんです。


    4. 4.

      19: なかまくら

      失敗をやり直せるのが、人間のいいところですね
      睡眠薬を飲んでもスイッチの部屋にはいかなかった。とならないところが優しい世界って感じです。