前汀

  • 超短編 183文字
  • シリーズ
  • 2020年09月12日 04時台

  • 著者: 亀井
  • 前浜に老人である。老人はゴツゴツの岩などの景色が見えながらタバコを吸った。湿疹があるし熱い塵を吸入したし、吐いたりし、色々な体の部分がかゆみになった。強いが、降伏している波の音を澄んでてらてらされた灰色の目に反射した。 「もう時間がないのか。」と言ってタバコを吸っている間に自分の物語を振り返した。老人は頭を掻くと無名主人公に「あのさ、叙事詩を聞きたいのか」と顧みた。

    【投稿者: 亀井】

    Tweet・・・ツイッターに「読みました。」をする。

    コメント一覧 

    1. 1.

      19: なかまくら

      時間がないのに、叙事詩を聞くのは難しそうです。しかし、思いがけない老人が物語を持っているのですね。